Home 歓迎する 西安について 観光の風景点 交通 寄宿します 飲食 買い物 娯楽 西安地図 TIPS
絹のみち
 
シルクロードの紹介
旅行者の注意事項
 
 
シルクロードの紹介
 シルクロードは歴史的な意味を持つ国際通路です。この古からある道を通じて、古い中国の文化、インドの文化、ペルシアの文化、アラブの文化と古いギリシア、古いローマの文化をつながって、東方と西方文明の交流を促進しました。シルクロードの起点は西安で、まさに古今を通じて東西の文化が1か所に集まって交流をしている所で、たくさんの有名な歴史人物も活動した所ですから、数え切れない歴史の遺跡と世に珍しい文化財を残しました。中国は一番早くカイコを飼って糸を繰る国です。紀元前138年――紀元前119年、前漢の外交家である張騫はこの古からある道を開拓しました。彼は使節団を率いて黄金と薄い絹織物を携え、楼蘭(今の若羌の一帯)、尉犁、亀茲(今の庫車)、ソアム河の流域などの地区、それに勒(今のカシュガル)、于田(今の和田)、烏孫(今の伊犁河流域)と大宛、康居、大月氏などの新疆と中央アジアのアム河(AmuDarya)流域地区に到着しました。彼の副使節が安息(今のイラン)、身毒(今のインド)などの国に到着して訪問を行いました。これらの地区の国も使節を派遣して中国の中原に来て、行商人が往復して、絶え間もありませんでした。絹織物、鉄器、黄金、プラチナ、蚠镜、漆などが大量に中国の中原地区に流れ込みました。紀元73年、中国はまた班超を派遣して36人を率いて西域に使節として行き、彼の副使節甘英は大秦(古いローマ)とペルシャ湾(アラブ湾)に到着して、シルク?ロードの滞りなく通じることを保障する同時に、シルク?ロードをいっそう広く開拓しました。