Home 歓迎する 西安について 観光の風景点 交通 寄宿します 飲食 買い物 娯楽 西安地図 TIPS
風景点は紹介します
 
半坡遺跡博物館
華清池
大雁塔
明代の城壁
鼓楼
鐘楼
秦の始皇帝陵
秦始皇兵馬俑館
 
 
華清池
華清池は,西安から東へ約35kmの驪山山麓にある。記載によると,西周王朝はここに 驪宮 を建てたと言う。西暦747年,唐玄宗が山の周りに宮殿を建て,宮殿の周りに城壁を建てることを命じた。唐代の華清宮は 安史の乱 で壊滅された。今の華清池は,清代に再建されたものに基いて整理修築され,敷地面積は85560㎡ある。1982年偶然に唐代華清宮御湯の遺跡を発見した。その中の 海棠の湯 は,当時の唐高宗が寵妃の楊玉環のために造らせた浴場で, 貴妃池 とも呼ばれている。驪山の西繡嶺には,西周の狼煙台遺跡もまだ微かに見えている。