Home 歓迎する 西安について 観光の風景点 交通 寄宿します 飲食 買い物 娯楽 西安地図 TIPS
風景点は紹介します
 
半坡遺跡博物館
華清池
大雁塔
明代の城壁
鼓楼
鐘楼
秦の始皇帝陵
秦始皇兵馬俑館
 
 
大雁塔
大雁塔は,西安市から南へ4km離れた大慈恩寺の中に聳え立っており,中国の仏教名塔の一つである。大慈恩寺は,隋の開皇9年(西暦589年)に創建された。唐代には合せて13の庭園と1897の部屋があった。雲閣禅庭と高楼宝殿が非常に立派に作られていた。唐王朝は,名高い玄奘法師を大慈恩寺の住職に招いた。大雁塔は,西暦652年に創建された当初は,5階で高さ60mであった。西暦704年に10階に建直された。その後,戦乱で破壊され,西暦930年に7階に再建され,高さ64mとなった。楼閣式の煉瓦造りで, 煉瓦を研磨して隙間を合せる という建築法を採用された。その特徴は,煉瓦で木造の斗組の風格を現すことにある。